新規出店のキャバクラは有利に働けくために条件交渉ができる可能性が高い

新規出店のキャバクラのメリットは、派閥がなくて働きやすいという点だけではありません。
時給に関しても高時給を狙って交渉しやすいことや、ほかのお店よりも有利に働けくために条件交渉ができる可能性もあります。

新規出店のお店は「出店を成功させたい」と思っています。
とくに大手資本の有名キャバクラの姉妹店なら、お店の知名度やエリア拡大のため、確実に事業を成功させたいと気合を入れていますから、通常のキャスト求人よりも時給を高めにしてオープニングスタッフを募集しているケースもあるんです。

新規オープン時はどれだけのお客様が来店するかがわからないため、女の子の数にも余裕をもたせることも少なくありません。
キャストの数を確保するために高時給はもちろん「レンタルドレス代、へアメイク代無料」「自宅まで無料送迎つき」「日払いOK」など、有利な条件を上乗せして求人を出します。

オープニングスタッフを募集しているお店は、高い時給や日給がもらえるチャンス!
交渉する余地がかなりあるということになりますね。

お店側との交渉術

新規出店のキャバクラで時給交渉をするなら、まずは周辺キャバクラの時給相場を確認しましょう。
これがわからないとどれだけの時給なら「割がいい」のかどうかが分かりません。
もし時給3,000円のキャバクラが多いとしたら、時給4,000円を超えるレベルであれば高時給だと判断できますよね。

求人票には時給3,000円からと記載されていても、面接での交渉の結果、時給4,000円で決着したらすぐにメモをとり相手方に確認してもらいましょう。
ほかにも「レンタルドレスの有無」や「送迎の有無」「ノルマの有無」など聞きにくいことも聞いておきメモにとっておくと、後で「言った、いや言わない」と水掛け論になることがありません。

面接担当者もしっかりメモ(証拠)を残す女の子であればいい加減な受け答えはしませんし、逆に「しっかりした女の子だな」と好い印象をもってくれるかもしれませんよ。
とくに本気でキャバ嬢として活躍したい方は、お店に入店する前から戦いが始まっているのだと認識してください。

ひとりでは不安……そんなときは?

「キャバクラのバイトは初めてだし、時給交渉なんてとても無理」と不安になっている方は、できるだけ心強い相棒と一緒に面接をうけることをおすすめします。
お友達のなかでナイトワークに興味のある子を誘って、一緒に面接を受けることもできます。

「お店側としても2人分の面接を一気にすませることができるので歓迎されるかもしれませんね。
友達と一緒に面接ができるなら、友人に時給や入職条件を確認してもらうとグッド。
「時給3,000円は安くないですか?」とハッキリ言ってくれる友人なら時給交渉も心強いもの。
わからないことはどんどん聞いてもらって、不安を解消しておきましょうね。

  • 1